筋トレはメントレでもある

筋トレと聞くと、単に筋力が増える、体格が良くなる、などの肉体面のメリットを思い浮かべるかもしれませんが実はそうではありません。
肉体だけではなくメンタル面も鍛えられるのです。
筋トレによるメンタル面での変化を具体的に説明します。

 

まずは自己肯定感の向上作用が上げられます。
自己肯定感とは自信や、自分自身の価値のようなものです。
自己肯定感が低い人ほど「自分なんて...」と自分自身に価値を見出せずに卑屈になってしまいます。
だらしない体型にコンプレックスを抱いていて自信が持てない人も多いのではないでしょうか。

 

筋トレを続ける事により、筋肉がついたり、スマートな体型に変わってくるでしょう。そうなれば、外見におけるコンプレックスも解消され自分に自信がもてるようになります。
また、自身で決めた筋トレメニューを達成する事で、成功体験を得る事ができます。
筋トレを続け、成功体験を積み重ねてゆく事で大きな自信になっていきます。

 

やがて自分自身を以前よりも好きに、大切にできるようになります。
自分を大切にできる=自己肯定感の高い人 は周囲に流されずに堂々と生きる事ができます。
これが筋トレによる自己肯定感の向上作用です。

 

もう一つメンタル面での大きな変化があります。
それは前向きな性格になれるという事です。

 

筋トレにより、脳内にテストステロンやセロトニンが分泌されます。
テストステロンはやる気、セロトニンは幸福感をもたらすホルモンです。
これらが不足すると鬱状態を引き起こしてしまいます。
筋トレを続けることにこれらが分泌され続け、次第に前向きになっていく事ができます。

 

筋トレとはただ単に体を鍛えるものではなく、心も鍛える事ができるのです。